賃貸オフィスを借りる前に知っておくべき事2選

賃料比較だけでは不十分

オフィス

賃貸オフィスを借りる際に必要なのが、敷金と礼金、仲介手数料、前家賃の諸費用です。賃貸オフィスによって敷金と礼金は異なります。また、仲介する不動産会社によって、仲介手数料は異なります。初期費用を抑えるために、賃料だけではなく諸費用もしっかりと考慮し賃貸オフィスを探しましょう。

詳しく見る

RECOMMEND POST

ニュース一覧

使いやすいところがよい

ビル

賃貸オフィスを利用するときには、場所選びがとても大切です。いくつかの物件を比較することになるので、不動産業者を一つ一つ回るのではなく物件紹介サイトなどを利用して、おおよその見当をつけることが大切です。

詳しく見る

大型ビルのテナント募集

ガッツポーズ

企業イメージを大切にしたり、業務の効率化を考えて賃貸オフィスを探す場合には、大手不動産会社が管理する大型ビルに注目するのがポイントです。図面などの詳細なデータを取り寄せて物件を吟味したり、賃料などの条件の交渉を進めるのが、賢く入居する秘訣です。

詳しく見る

ISO14001対応物件

男の人

賃貸オフィスを借りることは、便利な反面、色々な制約を受けることがあります。特にISO14001を取得しているオフィスビルを借りる際には、注意が必要です。ISOの環境活動に関する規約が、借り手にも適用されるためです。

詳しく見る

比較してみよう

スーツの人達

賃貸オフィスはインターネットで見つけることができます。気に入ったところがあれば、すぐに内覧の希望を出しましょう。そして、内覧後すぐに申し込むことをお勧めします。立地場所などをしっかり比較することが大切です。

詳しく見る

オフィスの賢い借り方

ウーマン

知っておくと得すること

賃貸オフィスを少しでも低コストで借りたいのであれば、契約時に不動産オーナーと上手に交渉をする必要があります。交渉する際に知っておくと得するポイントとして、まず第一に不動産オーナーの多くはテナント誘致をするために、フリーレントを提供しているという点です。フリーレントとは、入居後一定期間の間家賃を免除するというものであり、実質的な賃料割引に相当します。賃貸オフィス物件は個人向け賃貸住宅よりもテナントが見つかりにくく、また競合する他のビルとの競争も激しいため、不動産オーナーの多くは自社ビルに入居してもらうためにフリーレントを提供しています。不動産オーナーも出来ればフリーレントを提供せずにテナントと契約したいので、最初からフリーレントを提供すると言ってくる不動産オーナーはあまり多くありませんが、契約の可能性が高くなってくるともう一押しのためにフリーレントを提案してくるケースが多いです。そのため、借り手はそのような特徴を把握した上で、上手にフリーレントを引き出す交渉を行う事が大切です。また賃貸オフィスを借りる際には、月額家賃の6ヶ月から12ヶ月相当の敷金の差し入れを求められますが、この敷金の取り扱いについても知っておくと得することがあります。具体的には、賃貸オフィスの敷金として差し入れた金額に一定の利息を付けて返還させるというものです。何も交渉しないと基本的には元本のみ返還されることになるので注意が必要です。