リートとはプロに任せる投資術のことです~少額からチャレンジOK~

女の人

不動産に投資する投資信託

通貨

リートとは、不動産専門に投資する投資信託です。証券取引所に上場されているものもあって、取引自体は株式と変わりありません。また、株式の配当にあたる分配金もあり、利益から分配金にまわす比率は、株式より高くなっています。

読んでみよう

現物不動産は価格が高い

電卓とグラフ

リートとは不動産に少ない資金で投資が出来る金融商品です。運営収益の大半を配当に回すことによって税制の恩典を受ける仕組みのため、投資家は安定した配当を受けることが期待できます。NISA枠で購入すれば無税で配当収入を獲得することが出来ます。

読んでみよう

少額投資が魅力

お金と電卓

どのような商品なのか

リートは存在くらいは知っているのではないかと思われます。リートとはどういう商品なのかというと、簡単に説明すると不動産の投資信託になっています。リートとは投資家から集めたお金でマンションやオフィスビル、商業施設を購入して、それで得た賃料や売買益を投資家に分配するという仕組みになっています。不動産投資はリスクが低いと言われていますがそれでも上手くいかない方が出ています。リートであれば不動産投資のプロが運用するわけなので、一般の方が行うより間違いなく利益を出せる可能性が高いです。また、少額投資が行える点も魅力になります。500円から毎月積み立てることができるので、あまりお金を持っていない若い世代でも挑戦しやすくなっています。

国内だけではリスクがある

リートとはどういう商品かは理解できたと思われます。理解できたのであれば稼ぐコツを身に付ける必要があります。どうすれば失敗するリスクを抑えることができるかを見ていきます。国内の不動産は安心できるイメージがあるかもしれませんが、それは間違った認識になります。日本は地震が多い国なので、大きな地震が起こった場合に大きく不動産の価値が下落することがあります。日本だけを扱っている運用会社ではなく、海外の不動産も扱っている会社を選ぶようにしてください。分散投資は不動産についても当てはまります。また、現在どのような現状なのかを把握することも大事です。不動産で稼ぎやすい材料がなければ安易に手を出すべきではありません。タイミングを見て投資することは重要なポイントです。

少額から不動産投資が可能

お札

リートとは不動産投資信託のことです。リートを購入すると、不動産の家賃収入を配当という形で受け取ることができます。リートの配当利回りは高くなっているため、投資家に人気です。リートの種類としては、オフィスビルや住宅ビルのタイプの他にホテルや物流センターが対象になるものなどが存在します。

読んでみよう