リートとはプロに任せる投資術のことです~少額からチャレンジOK~

男性

不動産に投資する投資信託

通貨

どんな仕組みですか

リートとは、不動産に投資して、その収益を投資家に分配する投資信託の一種です。日本では、Jリートと呼ばれることが多く、証券取引所に上場されているものもあります。なお、初上場は2001年のことでした。その仕組みは、まず不動産投資法人というものを立ち上げます。これは、一種の会社のようなもので、資金を投資家あるいは金融機関から調達します。この不動産投資法人は、投資家には証券を発行して資金を調達します。そして、不動産投資で得た利益から分配金を投資家に還元するという株式と似たような仕組みになっています。金融機関からは、融資という形で資金提供されます。そして、投資の利益から元利の返済をします。リートとは、不動産投資法人以外にも関係している会社がありますので、次にその説明に移ります。

もう少し詳しい仕組み

リートとは、不動産投資法人が投資家から資金提供を受けて投資先の不動産市場で利益をあげる投資信託ですが、不動産投資法人だけで活動しているわけではありません。例えば、集めた資金の運用は、運用会社に委託しますし、保有している不動産などの資産は管理は、資産保管会社に委託しています。また、会計事務などは、事務受託会社がおこなっています。この不動産に投資する投資信託は、不動産の流動性が、他の商品などと比べて低いことから、発行した証券を解約されると困ることがあります。それで、途中解約ができないクローズエンド型の投資信託となっています。ただし、証券取引所に上場されているリートとは、いつでも市場で売買できますので、証券自体の流動性は高いといえます。