リートとはプロに任せる投資術のことです~少額からチャレンジOK~

男性

現物不動産は価格が高い

電卓とグラフ

不動産を小口化して投資

日本は国土の面積が狭いために世界でも土地の価格が高いと位置づけられています。不動産投資を行う場合には多額の資金が必要となります。リートとは不動産投資信託を意味しており一般の人でも不動産に投資できるように工夫されています。リートとは不動産を小口化したもので上場している場合には一口単位で市場で購入が出来ます。日銀では金融緩和の一環としてリートを購入することによって市場に資金を供給しています。不動産市場の改善によって上場するリートが増加しており、投資する不動産の対象も従来はオフィスや住宅、商業施設、ホテルが多かったのですが、最近は物流施設やヘルスケアを対象としたリートも増加しており、この傾向は今後も引き続き続くことが期待されています。

安定した利回りの確保

リートとは運営収益の大半を配当にすることによって税制上の恩典を受ける仕組みになっています。したがって投資家にとっては安定的な配当が期待できる金融商品になっています。リートとはアメリカやオーストラリアが先進的に取り組んで来ていますが、最近は世界各国でリート市場が形成されています。安定的な収益が期待できますので長期に保有するには最適な金融商品です。実質的には不動産への投資となりますのでリスク分散のためのポートフォリオの形成にも役立ちます。日本では配当に20パーセントの課税が行われますが、長期保有を前提にNISA枠でリートを購入すれば配当には課税されずに5年間保有することが出来ます。勿論キャピタルゲインにも課税されません。